住宅ローン相談

住宅取得には、教育資金、老後資金と並んで、大きな資金が必要になります。無理のない資金計画を立てるために、しっかりと準備しておきましょう。

借りられる額と買える額

 住宅ローンを組む時に、無理のない返済額はいくらか、いくらくらいの物件が買えるのか計算してみましょう。

購入後の費用

 住宅購入時にかかる諸費用は、ローンを借りるための手数料、登記費用、税金、保険料などが必要になります。新築の場合、物件価格の3%~7%、中古の場合は、物件価格の6%~10%が一般的です。購入した後にも駐車場代、管理費、修繕積立金、火災保険、固定資産税などの費用がががります。これらの費用は、住宅ローンの毎月の返済とは別になります。

住宅ローンの選び方

 住宅ローンの負担は、「借入額」 「金利」 「返済期間」で変わります。固定金利型、変動金利型、ミックスなど金利タイプを知り、検討中のローンを比較してみましょう。大きな病気をした場合、それまでと同じように働くことができないかもしれません。団体信用生命保険についても情報収集しましょう。

 

サービス内容詳細

 

住宅購入相談(総合的なご相談の場合)      33,000(税込)

 

♢ 住宅の購入計画をお伺いします。

 

  いくらくらいの家が買えるかな? 購入時期はいつ頃にしようかな? ライフ

      プラン、子様の教育資金計画なども合わせてお聞かせください

 

♢ キャシュフロー表の作成 

 

  団体信用生命に加入しますと、契約者に万一の事があった場合は、住宅ロー

  ンの残額が保険から支払われます。住宅購入以前に加入した生命保険を見直し

  ましょう。

  無理のない返済、繰り上げ返済の時期など、キャッシュフロー表で確認しまし

  ょう。

 

♢ 住宅購入計画のご提案

 

  老後資金計画も組み込んだ、バランスのとれた住宅ローン返済計画をご提案させていた 

  だきます