保留児童

保留児童とは、「保育所の申し込みをしているにもかかわらず、入所できなかった児童の数」です。待機児童とはどのように違うのでしょうか?厚生労働省の定義では、「保育所の申し込みをしていて、入所要件に該当しているが入所保留になった子供の数」となっています。認可保育所に入れなかった子供の総数を保留児童としています。何らかの保育サービスを受けられると、待機児童ではなくなります。自宅で求職活動をしていたり、保育所に入れず育児休暇を延長した人、他に入所可能な保育園があるにもかかわらず特定の園を希望している人も含まれません。復職したかったけど保育園に入れなかったからやむなく育休を延長した人は待機児童には含まれない事になります。神奈川県の2016年4月1日現在の保育施設への利用申し込み者数は14万6266人で、2015年の4月1日現在と比べて1万人近く増えています。このうち入所できた児童は13万7299人で、「保留児童」は8967人、「待機児童」は497人です。

子育て中の家族や将来子供の欲しい夫婦にとって保育所の問題は切実です。住まい探しを検討する場合は、希望する地域の、入所できなかった児童の数を調べてみることをお勧めします。