フィットネスクラブ

2025年には認知症の人の数が、700万人にもなるといわれています。そこで大切になってくるのが「介護予防」です。介護状態にならないようにする事です。最近ではフィットネスクラブやすスポーツジムがプログラム開発に力を入れています。料金設定は、使用可能な施設数、曜日、時間帯で異なり、その他に入会金など必要な場合があります。

 

公益財団法人生命保険文化センターが行った調査では、介護を行った期間は平均4年11か月になりました。4年以上介護した割合も4割を超えています。

また介護に要した費用は、住宅改修や介護ベッドの購入などの一時費用の合計が平均80万円、月々の費用が平均7.9万円となっています。

 

公的介護保険施設サービスに指定されている施設は介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設があります。要介護と認定された人のみが利用できます。施設によっては、待機期間が長く、すぐには入所できない場合もありますので、公的介護保険の施設サービス対象外の施設に入所するという選択もありますが、費用は一般的に民間施設の方が負担は大きくなります。

もちろん将来のリスクを見込んで費用の準備も必要ですが、一日でも長く健康で過ごせるように、こころと身体のメンテナンスをしておきたいものです。