ライフプラン相談

 

ライフプランとは 

ライフプランとは”将来の人生設計”の事です。

あなたには人生でかなえたい夢があります。夢をかなえるために、自分なりのライフプランを立てておく事が大切です。ライフプランを作る事を「ライフプランニング」といいます。そしてライフイベントにかかる費用について考えておきましょう。

マイホーム購入、教育資金、老後の生活などは、「人生の3大支出」と呼ばれますが、長期的な視点で計画を立てておくと、生活にゆとりと安心が生まれます。

 ライフプランを実現するために、いつ、いくらお金が必要か明確化する事を、「マネープランニング」といいます。それを表にしたものを「キャシュフロー表」といい、毎月の収支を見る「家計簿」に対して、キャシュフロー表は、将来にわたるお金の流れをチェックできます。

「ライフイベント表」「キャッシュフロー表」は、夢や目標の変更や、生活環境、家族構成、収入の変化などに応じて定期的に見直し、より効果的な資金計画を立てる事で、あなたの将来の夢がより具体的になり、実現の足掛かりとなります。

20歳代~30歳代のライフプラン

 社会人になると、経済的にも生活面においても自立をしていくことになります。「給与明細」や

「源泉徴収票」をチェックして自分の給与の中身を把握しましょう。税金(所得税 住民税)や社会保険料(健康保険 厚生年金保険 雇用保険)など、支給される額や控除される額などが記載されていますので、確認する習慣をつけましょう。仕事に必要なスキルを身に付けたり、資格を取得したりして積極的に自己投資してみましょう。社会人としての価値が高められ、対価ともいえる給与が上がり収入の安定につながります。旅行、習い事、結婚、子育て、とイベントが盛りだくさんです。貯蓄する習慣を身につけましょう。住宅購入費、教育費、老後生活費も早めに準備を始める事が大切です。

40歳代~50歳代のライフプラン

 教育費負担がもっとも大きい時期です。計画的に資金の準備をしておきましょう。妻が専業主婦の場合、子育てがひと段落した事で空いている時間を使って、パートタイムで働くと、家計に大きな改善効果が生まれます。リタイア後のイベントにかかる費用を考えておきましょう。子供の結婚費用に対する援助50万~500万円、住み替え2000万円~5000万円、リフォーム、旅行、車の買い替えなど、平均的な費用を知ったうえで、どのイベントにどれくらいお金をかけるか計画を立てましょう。

60歳代からのライフプラン

 自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、しっかり将来設計を考えておきましょう。仕事を続けていても、収入が大幅ダウンという家庭がほとんどですから、生活スタイルに合わせて、余分な支出をカットしましょう。生命保険料や携帯電話の料金プランなどの固定費を見直して上手に節約しつつ、無理のないメリハリのあるお金の使い方で、夢を実現しましょう。とはいえ、体力的な衰えからの不安が増してきますので、ある程度の医療費を備えておき、また介護についても、公的介護保険のしくみやサービス、施設について知っておきましょう。

サービス内容詳細

  ライフプラン相談      30000円(税別)

   キャッシュフロー表(家計の収支や貯蓄残高の推移を表にしたものです)、教育資金、

    後資金、生命保険、住宅ローン等の対策を含みます。

 

   ・ライフプランカウンセリング     2時間

   ・キャッシュフロー表の作成

   ・改善方法のご提案          2時間

 

1.ライフプランをお伺いします。

  ”子供がもうひとりほしいなぁ” ”住宅購入を考えているが購入時期はいつ頃?”出産後は 

   パートタイムでも大丈夫かしら” ”子供たちの夢をサポートしてあげる為に教育費はいくら

   かかる?” ”老後は趣味の旅行を楽しみたい”等、人生設計やご希望をお伺いして、キャッ

   シュフロー表のシュミレーションを通して資金計画を立てていきます。

 

2.キャッシュフロー表の作成

   キャッシュフロー表を作成して、今後の収入と支出、貯蓄の予定を詳しくシュミレーションす

   る事によってご希望の生活が可能かどうか分析します。  

・子供の進路(公立か私立か)によって教育費はどれくらい違うか知りたい。

・フルタイムで働くか、パートタイムを選ぶかで将来に収支を確認したい。 等

3.改善方法のご提案

  住宅ローンの選び方・見直し、保険の見直し、教育資金準備、老後生活資金準備

  など総合的にアドバイスいたします。